ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

ボードゲーム『パーキング』で手のひらいっぱいの車を愛でる

パーキングゲーム

 パーキングゲームというめちゃ可愛いゲームを教えてもらった。

 

f:id:gotoyuri:20171110212546j:plain

その名のとおり、駐車をしまくるゲームである。
箱を開けると、コロコロした木製のちっちゃい車がいっぱい入っている。

 

 

全体図はこんな感じ。

中心のボードは共通で、各自の駐車ボードをくっつけて配置する。

f:id:gotoyuri:20171110213225j:plain

今回は2人で遊んだので、駐車場は2カ所である。

 

自分の番が来たら、サイコロをふって、

出た色の車を駐車場にとめる。

f:id:gotoyuri:20171110213404j:plain

緑色の駐車スペースが埋まっていたら、他のプレイヤーの駐車スペースにとめなければならない。

全てのプレイヤーの駐車スペースが埋まっていたら、車はどこにも駐車しない。

 

できるだけ早く、自分の駐車場をいっぱいにできたら勝ちである。

 

 

要はサイコロをふって、運しだいで駐車できたり、相手にとられたりを繰り返すシンプル極まるゲームなのだが…

 

なんといっても、車のコマが可愛い。

 

車のコマで1人遊び

中央の交差点ボードはたくさんの車を待機させておくのだが、

置き方は特に決まっていないので

思う存分に散らかしてカオスな交差点を演出したり

f:id:gotoyuri:20171110215205j:plain

(大惨事…)

 

 

美しく並べて、

自分の駐車場へ続く右折待ちの並びを作ったり…

f:id:gotoyuri:20171110215451j:plain

(そして脇で転げている車を置いてみたり…)

プップーというクラクションの音が聞こえてきそうである。

 

満足な交差点ができあがり、夫を呼ぶと「すごいねえ」と言って去っていった。

 

 

他にも、小さなぬいぐるみを置いたら「出現した怪獣」みたいになって独自のワールドを楽しめそうだし、事件現場をリアルに作るのもできそうだ。

 

 

コロコロと可愛い木の車の感触がまた良いのだ…

 

子ども向けのゲームなのだろうが、童心に返って遊びたくなるコンポーネントであった。 

 

HABA/ハバ・(ドイツ)パーキングゲーム

HABA/ハバ・(ドイツ)パーキングゲーム

 

 

ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。