読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

ワードバスケットの新しい遊び方を考えた。「アイラブワードモード」

ワードバスケットの新しい遊び方を考えたのできいてください。

その名も「アイラブワード」モード。え、ださい

◎遊び方◎
手札5枚を使って、意味の通ることばにできた人が勝ち。


★準備
ワイルドカード類は除いておく。(文字カードのみにする)

・手札を5枚ずつ配る。
・山札からカードを5枚めくって表にして場の中央に置く。
・山札はもう使わないので除けておく。

★ゲーム
・プレイヤーは、手番が来たら、カードを一枚表にして場に捨て、場から一枚取る。これを繰り返す。あるいはパスができる。

・パスは全員合わせて2回まで。2人の時は1回まで。2回または1回のパスが行われたらただちに終了して手札をオープンして得点計算にうつる。

f:id:gotoyuri:20160919140120j:image

★得点計算方法★
意味のつながっている単語の最大枚数で得点計算をする。

手札5枚すべてつながっている…5点
4枚…3点
3枚…2点
2枚以下…0点

写真では2人プレイ。
左のプレイヤーは「おれもてき」にて、
5枚すべてつながって意味が通っているので、5点。

右のプレイヤーは「ひめしよに」にて、
「し」は「じ」と読み替えられるので、
「ひめじ」で3点。

例えば「いぬもてき」だった場合。
いぬもてき は意味としてはよくわからないので、「いぬ」「もてき」はつながっていないものと考える。

意味のつながっている単語の最大枚数で得点計算をするので、この場合は「もてき」で2点。

意味がつながっているかどうかは、その場のメンバーで話し合い決定する。プレイヤーはがんばって説得しよう。

f:id:gotoyuri:20160919143453j:image
場合によっては、「すきですよ」など特定の目的でことばを作りたい場合、プレイヤーどおしでカードを交換するなど協力しても良いかもしれない。「すきですよ」と作るつもりが、「かきですよ」になるかもしれないが…


◎作った動機
ワードバスケットでがんばってしりとり言葉を編み出している時、いつも手持ちのカードで面白い言葉ができてしまい、しりとりには全然活かせないので残念に思っていた。

シンプルにひらがなだけが書かれたカードは言葉を愛する人間の一人としてすごくときめくもので、言葉を作るゲームにしてみたら面白いのではないかと思った。

以上、みんな、やってみてね!




ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。