読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

「ゲームで傷つきたくない」妹とボードゲームしてみたら(前編)

アナログゲームを好きな人と、嫌いな人がいる。

f:id:gotoyuri:20160926183128j:plain

小さいころからゲームに親しんでいて、ゲームがとにかく大好きな人がいれば、

小さいころからゲームをしていたけれど、結果的に今ゲームを大嫌いな人もいる。

 

私の妹は後者にあたる。

うちの妹の話。

 

わがやは親戚の集まる家で、イベントがあると昼間からゲーム三昧であった。小さい頃は人生ゲームや花札やトランプ、大人は麻雀などで騒いでいた。

 

はじめはみんなで参加していたが、妹は、いつのまにかゲームが始まる雰囲気になるとどこかへ行ってしまうようになった。周囲は、「変わっているね」「面白いのにバカだね」などと揶揄した。

 

妹の人生からおそらくすっかりゲームが姿を消した後、最近になって姉がにわかにボードゲームについて騒いでいる。遊ぼうとうるさい。
 
そんな姉に対し、彼女はこういった。
 
「考えなくてよくて、誰も傷つかないゲームしたい」
 
・・・いや、それはつまりゲーム自体したくないんじゃないのか。
ゲームは「考える」のが面白いのに。
 
そして思った。ああ、この子にとってのアナログゲームとは、=相手を傷つける攻撃的なもの なのだ。そんな経験をしていたのだ。
 
聞いてみたら、
小さい頃、花札などで役を作ったり連勝したりしていると、周りがやんややんや騒ぐのがいやだった。
f:id:gotoyuri:20160926183159j:plain 実家でのメンバーは、ゲーム好きや負けず嫌いで活発な人が多かったから、容赦なくうるさいし、お互いのプレイは邪魔する。いわゆるヘイトの飛び交う場である。
ゲームとしてはもちろんアリなのだが、それが面白いゲームもあるのだが、彼女にとってはそれは攻撃的すぎ、そういう場を避けるようになったらしいのだ。
 
そしてゲーム全般は、嫌な思い出と結びついてしまい、嫌いなものとして彼女の中にずっと残っていただろう。
 
しかし・・・いや全く余計なお世話だが、
もったいないじゃないか・・・
 
私はボードゲームが大好きだ。妹のことも好きである。そして妹は私のことが好きだ。
ならばボードゲームが面白いのに決まっている。
 
事実、今はわれわれが小さい頃は見たことのないような、色とりどり種類とりどりのボードゲームがある。戦略や妨害だけじゃない、花札だけじゃない、協力ゲームや感性のゲームがあるのに。ミープル組体操とかできるのに。

f:id:gotoyuri:20160926183246j:plain

・・・私はためされている。
「考えなくてよくて、誰も傷つかないゲーム」。
探そうじゃないか。
ボードゲーム嫌いの妹よ、「えー結構面白いね」と言ってもらおうじゃないか。
 
 
そして2016年9月某日。
 
実家に用事があったので、ついでにボードゲームを6つくらい持参した。
いやむしろボードゲームをしたいから、用事をこさえたといってもよい。
 
妹と遊んでみたいゲームがあった。
 
いわずと知れた
「ディクシット」である。
 
(後編へつづく)
ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。