読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

「ゲームで傷つきたくない」妹とボードゲームしてみたら(後編・ディクシット)

妹は「プリン」と呼ばれている。

「プリンさん」とか「プリンちゃん」と呼ぶこともある。

 

別に彼女がプリンをしこたま食べる女というわけではないし、下半身がやたらと安定感のある台形状のボディをしているわけではなく、


特に理由はないのだが、リズムが可愛いので定着している。

 

 (前回の話はこちら↓)

「ゲームで傷つきたくない」妹とボードゲームしてみたら(前編) - コミュニティ×ボードゲーム@東村山

 

 ゲーム嫌いになってしまった妹とボードゲームで遊んでみたい

◆プリンさんを巻き込む今回のおせっかいな試みにあたり、気をつけたいこと2点決めた。


①無理にはやらせない。やらないからといって「ノリが悪い」とか悪口をいわない場であること。どっちでも良いよというスタンス

②楽しそうなところを見せる

 

◆選んだゲームは『ディクシット』

大好きなゲーム。考えうる限り最も「勝った負けた邪魔されたといって泣いて山を降りる人間が出ず」基本的に始終にこにこしていられるゲームであり、しかも「妹が体験したことのない」発想力の遊びを経験してほしい。


いざ、実家へ行くと

妹は私の持ってきたボードゲーム類に引きぎみである。

 

私「ボードゲームやるよちょっとやってみない」

プリン「ねむい」

 

妹は寝転がってしまう。

 一方の母はやる気、老犬は私の脚をかじるのに夢中である。仕方ないので、妹ぬきの3名でキャッツ&パーティなどを遊んだ。

 

2時間程経過して、用事があることを思い出したわれらはあと20分しかないことにも気がついてしまった。

母が準備のためどこかへ去る。

私とオットと犬とボードゲーム、そして寝転がった妹が残された。

・・・

しばし一考するが、迷いはない。

20分。 

諦めるにははやすぎる。

 

光の速さで妹の視界を遮り、オレンジのパッケージの箱を見せつける。

「これはね、考えなくていいし、ルール覚えなくていいやつだよ!どうしても一緒にやりたいよやろうよ」

結局泣き落としでターゲットを巻き込む作戦である。

 

そしてついに岩が動いた

妹が立ち上がったのである。

 

◆発想のゲーム・ディクシット。

テーブルまで来てくれた妹を座らせる。

コマであるうさぎを取り出し、好きな色を選ぶように言うと、

「うさぎだ、うさぎ」とつぶやくプリン。

そういえば妹は無類のうさぎ好きであった。

f:id:gotoyuri:20160927180908j:plain

ルール説明。

 

「84枚の絵のカードを使います。

1人が語り部になり、手札から1枚を選んでお題をつけます。セリフでも歌でも映画でも何でもいいです。1文を決めたら裏向きにしてカードを出してください。えーたとえば、このカードで、「ひじ」です。他の人は、そのお題に「より近い」と思うカードを選んで、裏向きに出してください。ひじ出してください。そして、皆さんは語り部が出したカードがどれだったのかを当てます。

 

ただし語り部は、全員に当てられた場合は0点、誰にも当てられない場合も0点です。なので、誰かにはわかってもらえるけれど、あんまりわかりやすすぎないお題を考えないといけません。」

 

プリン「ふーん、理解。」

 

妹の口癖は「理解。」である。

「わかった」「理解いたしました」「僭越ながら承知しました」「すごくわかりました大変楽しみです」等を省略したものだと思われる。

 

それではゲーム開始!

全日本妹をボードゲーム好きにしたい協会会長代理として、私が語り部を行う。

 

「ゴゴゴ…ゴゴゴ」

 

と言いながらカードを出す。

 「ゴゴゴ…てんてんてんだよ…ゴゴゴ」念のためにいうとこれがお題である。

ゴゴゴとゴゴゴの谷間のてんてんてんの部分も忠実に読み上げ連呼すると、

げらげら笑いだす妹。

「へーおもしろい」

f:id:gotoyuri:20160927214710j:plain

そうだ妹、ひじでもゴゴゴでもいいんだ!

 

ちなみに正解は③。妹は見事に当たりで喜ぶ。

 

次は妹が語り部。

セーラームーン

 

オットは困惑していたが、私は0.5秒でひきあてる。

ムーンパレスっぽいからでしょ!と言うと、いやこの卵っぽいところだと言う。うむ、わかるな

f:id:gotoyuri:20160927184904j:plain

 

ゲームは続く。

以下は妹の作品の一部である

 

「パティスリー」

f:id:gotoyuri:20160927185251j:plain

 

「画期的な政策」

f:id:gotoyuri:20160927185627j:plain

など…面白いよなあ、ディクシット。

 

さて盛り上がってきたところで時間切れ。

 

プリン「えーもっとやりたい!」

 食いついてきてるじゃねえか。

というわけで、用事を済ませてから、母も加わりゲーム再開!

 

ディクシットの夜。

「お題を思いついた人からやりましょう」と言うと、

早速妹からでる「はい!」「はいプリンさん」

「出したいのがいっぱいある」とのこと。

 

「こんなにゲームやりたがるなんて珍しいね」驚く母。なんかすごいうれしい私とオットと犬。犬は嬉しさのあまり足をかじってる。

 

プリン「歌でもいいの?」

 

プリン姉「いいよ」「歌でもダンスでも」

プリン母「ダンス?」

プリン姉夫「ダンスっていいんだっけ」

 

歌う女 

妹は歌った。

歌いだした。

 

「ターンタカタカタカッタターンタン」

みたいな歌。

f:id:gotoyuri:20160927203242j:plain 確かにディクシットには「歌でも可」って書いてあるけど、本当に歌うアグレッシブな人、初めて見た・・・スターウォーズのテーマにも似たその歌をうたう妹の姿を見ながら、

なにかが降臨した・・・そんな気がした。

 

 

その後、母がゴールの30点に達したので、ゲームは終了、帰り支度をはじめようかと思っていると、

 

プリン「まだやりたい」

「あと2つ言いたいのがあるから。」

 

私とオットは顔を見合わせ、場は延長戦に突入した。

そのうち母も「思いついたから言いたい!」といいだした。

 

 夜はまだ終わらない…

 


振り返って、ゲーム嫌いの人と遊んでみたいときには。

初心者が取り組みやすいもの、そしてできればその人の性格上好きなそうなゲーム。


これを選んだら、あとすることはひとつだけ。

「誘う」。テーブルに来てくれたら、後はゲームが助けてくれる。


しかし重要なのは誘い方だと思う。


今回、ゲーム類を見て初めは興味を示さなかった妹だが、あなたとどうしてもやりたい!とド直球に口説いたところ来てくれた。


ゲーム嫌いの家族や好きな人と遊んでみたいときには、「ゲームをやりたいって、相手してくれるなら誰でも良いんでしょ」 と思われるようなスタンスではなく、 「あなたとやりたい 」を押すのが良いと思った。


結局ゲームの楽しさは、その場で集まった人たちで、わいわいがやがやした雰囲気にいられることだと思うから。


ゲームしない?と言われた時、

「自分は上手にできないかもしれないし」「嫌なこと言われたら嫌だな」という不安を相手が持っていたとしても、

「あなたと遊びたい」と言われたら、「私と遊びたいなら、上手じゃなくてもいいか、嫌なこと言ったりしないだろう」

と思えるのではないだろうか。


そもそも、「この人とこそゲームしたい」って愛である。「ゲームしたいんじゃなくて、あなたと遊びたいの」ってそれ告白ぐらいの好意の表明だと思う。だから相手は安心してくれる。


個人的には、今回の企画は大成功だと思っていて、妹からもう一回やりたいと言われた時は超嬉しかった。


あれほどゲームを無視していたのに、始まってみれば誰よりも楽しそうであった。。

 

ディクシットを作ってくれた人、とどけてくれた人に心から感謝。また「考えなくてよくて、誰も傷つかないゲーム」のアイディアをお寄せくださった皆様、ありがとうございました!

 

 

おまけ

プリンさんが「これ大好き」とコメントしたカード…

f:id:gotoyuri:20160927191746j:plain

ゲームに嫌な思い出のある人よ、正月が憂鬱な中学生よ、もっと周りと遊びたいゲームを愛する人々よ!

皆に光あれ!

ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。