読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

妻が機嫌わるい日のためのゲーム 『かたろ~ぐ』のススメ

妻とは私の事であり、

至極機嫌がわるかったのも私です。
 
先日、高円寺フェスティバルでにぎやかなすごろくやさんでボードゲームを購入し、上機嫌だったのもつかの間、何かの拍子につまらない事でどうでも良い喧嘩をしました。
 
眠る直前の23時半頃の事です。
 
「今日中に購入したゲームで遊ぼう」と約束していたのですが、喧嘩していて気まずい空気です。
しかしそのまま寝るのも気まずいし私は大人なので、仕方なしにゲームの封を解きました。
 
 
その名は『かたろ〜ぐ』です。
 
かたろーぐなのか、かたろ〜ぐなのかは議論の余地がありそうですが、
ともかく開けました。
f:id:gotoyuri:20161031233216j:image
 

f:id:gotoyuri:20161031233247j:image


f:id:gotoyuri:20161031233315j:image
『かたろーぐ』
カタログとお題を用意して、誰か1人がランキングを作る人になります。他の人がそれを当てる、というゲームです。
 
深夜で気力も無いので、寝れば良いのにサンプルのカタログを使用してゲームを開始。
 
食べ物のイラストカタログを使ってみる。
 
何ランキングにするか?
無難に「好きな食べ物 」なんてお題は、はっきり言って機嫌がわるいときなどは「けっ」という感じです 
 
[寝る前に食べたいスイーツランキング]にしました。
ランキングつけるのは私です。
 
夫は「アイスクリーム」等上位2つくらい当ててきて、ハートをゲットしていました。フン
f:id:gotoyuri:20161031233751j:image
その後は、同じく食べ物のカタログのおかずのイラストを使って、
ふつうの[好きな食べ物]ランキングを夫はつくっていました。
 
わたしはひねくれている上に機嫌が悪いですので、意地でも当ててなるものか、貴様のこと等知らぬわ、という底意地の悪さも隠さぬままに、しかし一応まじめにやりました。
 
デブ症の不健康夫はまず間違いなくラーメンか、あるいは寿司が上位であろう。
 
しかし結果はまさかの渋チョイス「 湯豆腐」が一位。やるじゃねえかと謎の上から目線でわたしは夫が重ねた年月と季節を感じつつ見直しました。
 
次も食べ物で[頭からかぶりたい食べ物]ランキングをぜひやろうと提案しましたが、「問答無用にメロンパンだろう」とのことで却下されました。安全な夫はつまりません。
 
その後は、
2人がたまたま一致していたら点数がもらえるという「シンクろーぐ」を不本意ながら行い、不本意ながらいくつもシンクロして多数のハートをゲットしました。
 
ほかに
f:id:gotoyuri:20161031234426j:image
職業カタログを使い、
・「友だちになりたい」職業ランキング
・「一緒に飲みに行きたい」職業ランキング
 
を立ててアナウンサーと探偵人気が明らかになった後で
 
f:id:gotoyuri:20161031234601j:image
たのしいことカタログも使ってみました。
・「明日地球が終わるならやりたいこと」ランキング
 
にしました。
夫は私のランキングを全然当てることができずに、私はドヤァと思いました。
いやこれも楽しかった。
 
いつの間にかごきげんに遊んでいる私は素直な妻ですか?遊びに仕込まれた夫のみえない仕事の賜物でしょうか 
 
 かたろーぐの効用
かたろ~ぐはお子さんが「ずっとご機嫌でいられる」とのことで有名なゲームですが、妻の機嫌もとることができオススメなゲームです。
 
思うに、
「妻の機嫌がわるい」というのは、
 
「あなたは私のことを全然わかってくれない」「わかっていないこともあなたは理解していない」「あなたは私に興味がない」
 
という悲しみが、解消されずに怒りへと変化した状態です。
 
これが、かたろ~ぐを遊ぶことにより
 
・「ほら、あなた私のことわかってないでしょ」が可視化できる愉快さ
・「え、意外にシンクロしてた」→そういえば多少気が合うから結婚したんだったという記憶の想起
・「がんばって私のランキングを当てようとしてくれている」→私に関心を持ってくれているという嬉しさ
 
等が発生するため、私が言うのもなんですが、我が家では妻の機嫌を改善できた好事例となったと考えられます。
 
つまりは、「君がなにを好きだろうと、どうでもいいよ」と言ってしまえば、成り立たないゲームなのです。「あなたへの興味」がなければ、決して成り立たないゲームなのです。
 
 おまけ 「機嫌の悪い妻」をなおすゲームの遊び方
(用意するもの)
・機嫌の悪い妻・・・1人
・かたろ~ぐ・・・1個
・妻と向き合う勇気・・・少量でOkです
・妻への興味・・・1丁
・カタログ・・・適量(任意)
 
(始め方)
①「君の好きなもののランキングを作って、僕がそれを当てるゲームだよ!」と可愛く言う。笑顔はひきつっていてもOKです。
②かたろ~ぐを開き、テーブルにコマとカタログを並べたら、妻の肩に手を置くか手をひっぱってくるかして席に座らせ、カードを手渡す。
 
妻は「え~なんなの~」とか言いながら、しかしちょっと嬉しいのできっと興味を持ってくれるはずです。手ごわそうな奥の方には、あらかじめ好きなジャンルのカタログを用意しておくとよいでしょう。アイス、飴、アニメ、アイドルなど
 
妻のランキングを正解することができなくても全く問題ありません。そこは重要ではありません。がんばって考えましょう。面白いお題も果敢に挑戦してみましょう。可愛いカタログを用意しましょう。きもちが大切です。
 
機嫌の悪い妻をなおすゲームの材料を幸運にもおもちの皆様、
みなさまからのよいご報告をお待ちしております。 
 
 
(注)
なお、本ブログを参考にして行ったゲームによる家庭内不和等につきまして、責任は負い兼ねますのであらかじめご了承下さい。
 
ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。