読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

「おもちゃ」って、子どもをだましてるんだって思ってた

ぬいぐるみを見たとき、わたしにはガラクタにしか見えなかった。

「おもちゃコンサルタント養成講座」だって、「ボードゲーム」と「遊び」に興味があったから受講しただけで、「おもちゃ」というものには全然興味がなかったのだ。

 

第2回目の授業の話。

f:id:gotoyuri:20161111151127j:plain

はじめに、おもちゃ美術館の見学ツアー。

 

館内には水の代わりに美しい木のボールがいっぱい詰まったプールや、おもちゃの畑や色んな展示がされており、研修を受けたおもちゃ学芸員さんが遊び方を見せてくれたりおもちゃの話をしてくれる。

 

おもちゃ美術館では、子どもの「これはなんだろう?」という感覚をすごく大切にしているそうだ。

例えば磁石で動くおもちゃがあったとして、私たち大人は一目で「磁石の動き」だなとわかる。しかし「この世に磁石というものがあることを知らない人」がそれを見たとき、どれだけ不思議な気持ちがするだろう? 

ただ「不思議だな」と思う感覚を、大切にしてほしい。

 

だから「磁石なんだよ」なんて言わない。学校に行って、磁石と言うものを知ったときにわかれば嬉しいじゃない

「お受験用の頭がよくなるおもちゃですよ」なんて言わない

良質のおもちゃで結果的にすごく知的好奇心旺盛のお子さんに育ってお受験に合格したとして、

遊んだおもちゃはそのためにあったものじゃない。

 

ツアーが終わり教室に入ると、中央にぬいぐるみが沢山置かれていた。

f:id:gotoyuri:20161102182418j:plain

パンダとかクマとか。気にも留めずに席に着いた。

 

この日の先生は、「伝説のおもちゃ販売員」と呼ばれた宮森先生。

 

宮森さんは、当時劇場型エンターテイメントおもちゃ屋さんであった、「グランパパ」第一号店で働いたそう。

ぬいぐるみパンダの出産

グランパパでは、「妊娠中」の巨体パンダのぬいぐるみを売っていた。

お腹の中心に、糸が出ていて、出産するまで何匹の赤ちゃんがいるのかはわからない。

 

お客さんが購入して、ちょうど100日目には、スタッフであり”お産婆フェアリー”のお姉さんが出産儀式をする。

出産数日前にスタッフが電話をかけ、

「最近体調はどうですか」とパンダの母体の様子を尋ねる。

するとお客さんも「最近ちょっと食欲がなくて・・・そろそろですかね」等と答えるそう。

当日にパンダを連れてきてもらい、出産する。終わったらスタッフ全員で、ハッピーバースデーを歌って祝福。

お店の中は「舞台」、歌のクオリティまで徹底し、低音と高音に分かれて練習を重ねたそうだ。

f:id:gotoyuri:20161111151916j:plain

ぬいぐるみの物語を聴いているうち、始めは「何か巨大なパンダ隅っこにいるわ」程度の認識だったのが、妙にかわいく見えてきた。

 

宮森さんはぬいぐるみやお客さんとのエピソードを紹介していく。頭をなでたり、話しかけたり、パペットに手を入れて頭や手足を動かす。もこもこのサルは宮森さんの腕に顔をうずめて本当に恥ずかしそうにしており(!)、思わず教室から「可愛い~!」と声が上がった。

モンキー ハンドパペット

モンキー ハンドパペット

 

 不思議な気分である。

 

ぬいぐるみやおもちゃは、「子どもだまし」だと思っていた。大人が子どもと直に接しているのが面倒だから、与えて時間をごまかすための道具なのだろうと。

逆に最近の高価なおもちゃで「お受験のための教育に良いおもちゃ」なんてのもあり、

どれもこれも、どこか子どもをバカにしている感じがした。

 

 だからか

宮森さんが、ふざけるのでなく、子どもに媚びるのでもなく、「普通にぬいぐるみを大切なものとして、まるで生きているものとして」扱っているのをみていて

 なぜかすごく泣きたくなった。

 

ぬいぐるみとは、夢であったか。愛であったか。目には見えない何かであったか。 

 

自分がガラクタ扱いしていたぬいぐるみから、豊かな時間を作り出している姿を見ていて、とても癒されたのだと思う。


イエス、ヴァージニア 

最後に「イエス、ヴァージニア」というエピソードも紹介された。

 

今年はサンタさんプレゼント何をくれるのかなぁ、と楽しみにしていたクリスマスの時期に、

「ばっかみたい。サンタなんていないんだよ!」って同級生に言われた女の子が、真実を求めて新聞社にお手紙を書いた話。

「もちろん、ヴァージニア、サンタクロースは本当にいるよ」 (Yes, Virginia, there is a Santa Claus) - PLAYNOTE

サンタがいないって?

誰もサンタを見たことがない、でもそれは、サンタがいないってことの証明にはならないんだよ。

 

f:id:gotoyuri:20161102183415j:plain

「目には見えないものを信じる心」

を理解する人、それがおもちゃコンサルトなんですよ、あなたたちはそうあってください。というお話でした。

 

「サンタクロースはいるよ」

いつか自分が答えるなら、それは「子どもの頃くらい夢を見せてあげようよ」「現実なんて見せなくても良いじゃん」というオトナな気遣いではなく、

「君のことをいつも見ていて、クリスマスには大好きなものをプレゼントしてくれる素敵な大人がいる」真実として、伝えてあげたいなぁ、と思った。

 

癒しの授業。

 

f:id:gotoyuri:20161102205616j:plain

(↑ひもをひっぱるとピエロが珍妙なポーズをとる愉快な遊び。20回くらいやった)

 

ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。