ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

「こりゃやめられんな」大分のおばあちゃんとボードゲームー九州旅行その3

旅行とボードゲームとハートフルな家族の話が出てくる連載である。

第1、2話はこちら↓

www.yuriolog.xyz

www.yuriolog.xyz

 

朝が来た。

 

私はいわゆる長男の嫁であり、ここは長男の実家である。

 

聞いたところによると、嫁は早起きして味噌汁を作ったりしないといけなかったような気がする。ような気がするけれど私は9時まで寝ていた。

 

 

 スッキリ^^

 

怠け者でも寝坊してても、愛される大丈夫な嫁もいるんだってことを私の全人生をもって伝えていきたい。

 

オドオドしながら居間へ行くと、朝5時から起きている皆さんが食事を並べているところであった。

 

何を食べたのかは忘れたが、沢山食べた。

 

今日の午後、われわれは旅立つ。湯布院で温泉に浸かりボードゲームをする運命(さだめ)だ。今を置いて他にチャンスはない。

 

スティッキー

昨夜、「貝がピューピュー出てくる」話を聞いていて思った。おばあちゃんはきっとボードゲームを楽しめる人だと。

 

貝がピューピュー飛び出してくるのをキャッキャッキャキャする、それは遊び心である。そんなおばあちゃんには特にアクション系が良さそうである。

 

ということで、朝食後、まずは鉄板のスティッキーを取り出し遊んだ。

 

私は昨夜のギフのリアクションに少々のトラウマを抱えていたが、その母であるおばあちゃんは特に顔をしかめたりする様子が無かったので安心した。

 

 ギフにも一応声はかけたがお祭りの動画を見ることに忙しいようだったので隣で見守る係をやってもらうことにした。

 

こんな感じである。 


おばあちゃんとスティッキーで遊んだ

 

 ギフも興味はあるようで、チラチラ見ては、「それはいける」「どちらかといえばそれやな」とコメント。ギフは元エンジニアでもあり、バランス感覚はさすがである。

 

ベルズ 

 貝と鈴とは共通点が多い。

 まず丸っこいし、中に何か入っているし、固いし、見た目がキレイ、他にも焼くといい色になる点、食べ過ぎるとお腹を壊す点などが似ている。

 

そのようなわけで、おばあちゃんと遊ぶと思った時に一番初めに浮かんだのはベルズだったのだ。

 

袋を開いて、磁石の棒で鈴を「スチャッ」とくっつけて見せると、

おばあちゃん「へえ〜」

 

どれか1色自分の色を決めて、その色の鈴だけを取ること、他の色の鈴がついて来てしまったら、その時点で次の人に交代になってしまうこと、などを説明する。

f:id:gotoyuri:20170312001243j:plain

磁石のスティックをおばあちゃんに手渡すと遊び始めた。

 

一周目は<私、おばあちゃん、夫>の順番でやっていたが、

いつのまにか、<おばあちゃん、おばあちゃん、おばあちゃん>の順番となっていた。

私と夫は、少し順番が違うな?と思っていたが、楽しそうだったので見守ることにした。

 

どうしても磁石の力が強いので、ピンクだけを取りたくても緑色の大きいのがついてきてしまう。

おばあちゃんは独自の解釈により、初めは黄色、続いてピンク色、などいろんな鈴を目指して採集していった。

なかなか難しいのだが、磁石が鈴をくっつけてスティックが重くなる感覚が楽しい。

おばあちゃん「こりゃおもしろい。やめられんな」とのことである!

 


おばあちゃんとベルズ!

 

おばあちゃんは一人暮らしであるので、お友達と遊ぶ用に何かゲームをあげたいなと思った。そしていい時間を過ごしてほしい。

ベルズをプレゼントしたら遊んでくれるだろうか。

 

そんなことを考えながら、もうすぐお別れの時間である。

f:id:gotoyuri:20170314010227j:plain

おばあちゃんはもうすぐ90歳。壁には

「90歳でお迎えが来たら「そう急がず共、良い」と言え」と長寿訓が貼ってある。

 

猫のミーコも人間でいうとそれくらいらしい。

脱衣所のカゴに入ったり食器棚で寝ていたり、甘えて来たと思ったら「フーッ」と毛を逆立てる様子は化け猫のよう若々しい。瞳の迫力はさすがである。

 

帰り際、おばあちゃんから大分名物の臼杵せんべいと、とても酸っぱい甘夏と、謎に冷蔵庫から掘り出されたアーモンド400g、そしておばあちゃんの手作りの梅干し入りおにぎり、おまんじゅうなど沢山のおやつと資源をいただいた。

 

夫の実家に泊まるなんてとても面倒臭いし絶対にいやだと結婚前は思っていたが、親密な気持ちになるし、楽しいのでオススメである。

 

玄関先で、おばあちゃんはとても悲しそうな顔をしていた。

両手で握手をして、切ないお別れをした。

 

結婚は面倒なことも増えるが、嬉しいことも増える。会えて嬉しい人が増えるほど、お別れが悲しい人も増える。別れが悲しい人が沢山いる人生を、これからも送っていきたい。

 

今度来る時は、おばあちゃんと貝掘りを一緒に行きたい。

 

さて、ボードゲームに全然興味を示さないことで有名なギフは、しかしそれ以外では全力で愛してくれるので、湯布院まで車で送ってくれることになった。その途中、ある男を拾うことになっていた。

 

これからとんでもない事件が、起こるとも知らずに・・・

 

(つづく)

 

 

ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。