ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

深夜のテンションで遊びたい!おバカゲー・マタンガ!のここが最高

マタンガというゲームを遊んだ。

手のひらサイズの小さな箱に入ったゲームである。

 

正直変な名前なので、はじめはあまり興味を魅かれなかったのだが、めちゃくちゃ良かった。 

マタンガ! キッズ&エキスパート

マタンガ! キッズ&エキスパート

 

 マタンガとは

マタンガは変なゲームである。

箱の中には、

ぐにゃぐにゃと長い鉛筆が1本と、紙の束、そしてサイコロが入っているきりである。

 

紙には、1から60くらいまでの数字がランダムに書かれている。

 

1から順番に数字を見つけて丸をしていき、例えば50とかまで到達できた人が勝ちである。

ただし、丸をつけることができるのは、鉛筆を持っている人だけ。

そして鉛筆は、1本しかない。

この鉛筆を奪い合うというのがこのゲームの面白いところである。

 

 

f:id:gotoyuri:20171005000155j:plain

 

遊んでみた

3人で遊んでみた。夫、私、そしてureyさんという人が暇そうにしていたので一緒に遊ぶことになった。

 

まずはジャンケン。

夫、勝利。鉛筆をゲットして数字を探し丸をつけはじめる。

 

ureyさんと私は、急いでサイコロを振る。どんどん振る。

「鉛筆マークでた!」

 

サイコロで鉛筆マークを出した人は、丸を書く権利を得る。

ureyさんはぐにゃぐにゃ曲がる鉛筆を夫の手から奪いとり、丸をつけはじめた。

夫は「ギャ」と言っていた。

鉛筆はぐにゃぐにゃしているので、勢いよく奪っても安全である。

  

その側から私はサイコロを振る。

夫は目線だけ手元の紙に向け、数字を探しつつ片手間でサイコロを振っている。私は「なんてやつ」と思いながら念を込めてサイコロを振った。

 

基本的にはこの繰り返しである。

 

マタンガのここが最高

このよくわからないゲームの素晴らしいところは、大人なのに始終ジタバタしているところだ。大人になったらみんな落ち着いていると思ったら大間違いである。

 

「ワァ」「ウワァ」とか言いながらサイコロを死ぬほど振り、一生懸命作業している他人の邪魔をして、強引に鉛筆を奪いとる。

合法的に、しかも怒られずに人のものを奪う喜び。

はっきり言って、大変な快感である。

 

そうしてようやく鉛筆を奪い取っても、鉛筆がぐにゃぐにゃしていてすぐに書けない。

数字がなかなか見つからない。「えーとえーと」と言っているうちに、まだひとつも丸をつけていないのに奪われたりして「ギャァ」と叫ぶ。それも笑える。

 

酔っ払って何にもルールを覚えたくないけれど遊びたいとき。

リフレッシュ入れたいとき。

初めての人同士のゲーム会で、場が固いとき。

もう疲れたけどなんか遊びたいなあ、というとき。

 

「おバカゲーやりたいなー」と思ったとき、意外と思いつくものがなかったのだが、これは最高である。

簡単だし笑えるし、かと思いきや集中力も使うのでガチで遊んでも笑えつつ達成感ありーので最高である。

2〜5人。8歳から遊べる模様。

 

マタンガ! キッズ&エキスパート

マタンガ! キッズ&エキスパート

 

 

スペシャルサンクス、紹介してくれた朝倉いひさん! 

 

 

ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。