ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

最高のテレストレーションの話を聞いてよ

先日友人たちでボードゲームを遊びました。

選んだゲームのひとつはテレストレーション!

 

 

テレストレーションといえば、お絵かき伝言ゲームですが

テレストレーション (Telestrations) 日本語版 ボードゲーム

 

お題が簡単すぎると、淡々と伝わり、「ふーん」で終わってしまうこともあるゲームです。

しかし、「なんでそうなるの?!」という大爆笑が起こりうるゲームでもあります。

その打率を高めるにはどうしたらいいか。

 

爆笑打率を高めるコツ

 

1、大人数で遊ぶこと

4人から遊べるテレストレーションですが、6人でも少ないという印象です。

7人、できれば最大人数の8人で遊びたいところです。人数が多いほど、お題の捉え方や発想がくいちがい、混乱する可能性が高まります。

 

テレストレーションは混乱を楽しむゲームなので、多い方がオススメです。

 

2、簡単すぎないお題を選ぶこと

テレストレーションに入っているお題カードには沢山の厳選されたお題が書かれていますが、簡単なものと難しいものが混在しています。

 

ここで簡単なものを選ぶと、すんなり終わってしまいます。一見して「どう書いたらいいんだろう?」と惑ってしまうようなものを選びましょう。

 

たとえば「ナス」や「キャベツ」より、「ヒーローショー」「引退」「カタパルト」のほうが面白いかもしれません。

 

お題「ヒーローショー」はどんなインチキヒーローが登場するか見ものだし、「引退」はイメージが人によって違いそうだし、

私は「カタパルト」が何かはわからないので、肩パッド的なものを書いてごまかすでしょう。

 

3、席順はぬかりなく

正しく混乱を引き起こすためには、発想の似通った人どうしは隣でない方が良いです。

似た親子や兄弟、カップルは引き離しましょう(言外の意味はありません)

 

4、画伯を呼ぼう

やはり、最高のテレストレーションに画伯は欠かせません。

 

画伯がいない、絵が上手い人ばかりだとすぐわかりやすく描いてしまうので困りものです。そんなときは、利き手と反対で描くか、時間を1分ではなく30秒で描くと良いかもしれません。

 

 

テレストレーションのおもひで

さてこのへんで、先日遊んだテレストレーションを2つご紹介します。

私は隣が画伯もーさんだったのでウッキウキでした。

 

お題は、こちら。

f:id:gotoyuri:20181010145501j:plain

「自衛隊」。

 

しかし私の順番が回ってきた時、こうなってました

 

f:id:gotoyuri:20181010145709j:plain

衝撃的でした。

衝撃のあまり肩が震え、思わず写メをパシャパシャとりました。

 

 

さて写真をとったはいいものの、これが何なんだか見当もつきませんでした。

 

人の顔にしては…点が4つあるし…豆にしては…ランダムすぎるし…

とりあえずなんかいっぱいる

 

苦悩の末私の出した答えはこれでした

 

f:id:gotoyuri:20181010150214j:plain

 

はい、ごめんなさい。 

 

そんなお題あるわけありませんが、いったん「どんぐり小学校」と思いついてしまうと、もう豆粒はどんぐり小学校の生徒たちにしか見えなくなりました。

 

これを受け取ったミホさん(仮名)(美人・絵が上手い)、苦笑いながらも描いてくれました

はいこちらです

f:id:gotoyuri:20181010150426j:plain

かわいいどんぐり小学校の子だーー!登下校中だ!

そうそうこんな感じ!!

 

多分イヤイヤ描いてくれたであろうミホさんのどんぐり小学校、最高でした。

 

 

f:id:gotoyuri:20181010150656j:plain

この後の結末は覚えてません…

 

 

もうひとつは、こちら!

f:id:gotoyuri:20181010150744j:plain

途中からですが、お題「おもてなし」です。

さあ絵にしていきましょう。

 

こんな感じですね

 

f:id:gotoyuri:20181010150811j:plain

ウムわかりますね。

 

そしてこちらも

f:id:gotoyuri:20181010150906j:plain

そうそうこんな感じだよね。旅館のおもてなしみたいなイメージ。

これは伝わったよね!と思いきや、

 

これを受け取った人の回答はこちら

 

 

 

 

f:id:gotoyuri:20181010151011j:plain

たいほ!

 

私はかなりツボに入りました。

描き手も画伯が光りますが、受け取る方も大変なお仕事であります。

 

この後の結末は忘れました。

とても楽しかったです。

 

個人的には、思い出になるボードゲームランキング1位はこのテレストレーションです。

 

最後にテレストレーションのルールブックから最高の文句を引用して締めたいと思います、

 

f:id:gotoyuri:20181010151303j:plain

 

忙しい毎日から離れて、友人や家族と楽しい思い出をつくろう。

 

最高のゲームをありがとう、作った人!

 

 

↓今回でてきたボードゲームはこちら(amazon)

 

テレストレーション (Telestrations) 日本語版 ボードゲーム

テレストレーション (Telestrations) 日本語版 ボードゲーム

 

     

 

 

 

 

 

 

 

ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。