読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりおろぐ

遊びを通じて人と地域のつながりをつくる

大人が楽しい紙ペンゲーム「古今南北」「事件は何だ」(東村山平日ボードゲーム会10/18)

10月18日に東村山平日ぼーどげーむ会開催しました!

f:id:gotoyuri:20161022223038j:plain

いや~楽しかった。ご参加いただいた方、ありがとうございました。

 

今回は、

最初に紙ペンゲームをしてみた。

買ったばかりの本『大人が楽しい紙ペンゲーム30』より、

「古今南北」「事件はなんだ」

 

「古今南北」

ワードバスケット製作者でもある小林俊雄さん考案のゲーム。

おじさま方が飲みながら何時間もやってしまうという!

 

(ルール)お題を決めて一人ずつお題に合う単語を言っていく。

(準備)各々でNGワードを仕込む。ゲームが始まって、だれかがNGワードを言ってしまったら「ドーーーン!」と言って、NGワード言っちゃった人はマイナス1点。詳しくは本をご覧あれ。

 

大人が楽しい紙ペンゲーム30選

大人が楽しい紙ペンゲーム30選

 

  

お題

「西武線の駅名」

西武線、西武池袋線、西武多摩湖線、西武拝島線、西武線ならなんでもOKということに。

 

ザ・西武線さんぽ―全92駅掲載! (散歩の達人沿線版MOOK)

準備。

NGワードをごそごそ仕込む・・・

メジャーなところを書いておくか、皆が避けるとみて地味めを狙うか。。小平って地味?上石神井って派手だよね?鷺ノ宮、言いたい!

 

ゲーム開始。

 

「萩山」

「武蔵関」

「拝島」

「久米川」

「西所沢」

「西武園」

「本川越」

「西武遊園地」

「一橋学園」

「高田馬場!」

「えっ高田馬場でとおるの?!」

ざわざわ・・・ざわざわ・・・

 

「池袋」ドーン!デーン!

 

淡々と書いているけれども、このところめっきり脳の接続の悪い私は自分の番が回ってくるごとに頭をかきむしらんばかりである。ドキドキドキドキドキ

もちろんスマホで検索したりしたらだめ。

せっかく思い出した単語を、他の人の回答を聞いている間に忘れてしまったときの絶望感よ。。

 

「メジャーなところを攻めに行くか、渋く攻めるか」など勝負どころもありたのしい。

お題が駅名だったので、 何となく皆さんの行動範囲を想像してみたりして、それも楽しかった。

 

たまごと言いたくなくて

他に古今南北「おでんの具」謎に「文房具」もやってみた。

 

「おでんの具」

何を隠そう私は伝説のおでんアニメ『おでんくん』愛好家であり、ひそかにほくそ笑んだ。・・・負けられない。

おでんくん―あなたの夢はなんですかの巻

おでんくんに登場するおでん村の登場人物なる食べ物をこれ見よがしに言い連ねたのだが、

「現実におでん鍋の中で見かけたことがない」と場がざわつき、却下を頂戴しました(にんじん、銀杏など)。。

このように、「しかし一般的ではない」と場のコンセンサスを得られない場合には、おでん強者も戦いで有利になるとは限らないので、注意が必要である。

 

おでん戦の後半は、何人かNGワードが出た後、3名が生き残る。

「大根」「はんぺん」「ちくわ」等定番の具がほとんど出尽くし、

あとは

たまごをだれが言うか」という大人の心理戦へ。

NGワードを書いた紙を握りしめ、お互いをねめつける。

 

無いアタマを必死に叩き、これまでの人生におけるおでんの楽しい思い出や窓から見える雪景色や受験生時代の苦しい思い出、おでんくんのワンシーンが走馬灯のように流れる中、コンビニおでん、静岡おでんなどおでんの経験や知識を総動員する静かなる激しい闘いになりました。

 

 最後は「うずらのたまご」

で通り抜けようとしただいすけさんにデーンデーン

 

ちなみに

お題「文房具」では、満を持して放った「コンパス」でいきなり3人くらいにドンデンされて私が大敗を喫す。みんな気が合いすぎじゃないか

 

ソニック 紺 スーパーコンパス 鉛筆用 SN-521-K

お題について

「みんなが知っていて、数がちょうどよいお題」を見つけるのは難しかった。

その場でお題を皆で考えるのもまた楽し、なんだけど参考用にお題リスト準備しておくべきだなと思った。

 

以前JAGA(日本ゲーム協会)で小林さんと遊んだとき出た参考お題目:

(おでんの具/すしネタ/「新」という字が入る東京の駅/アメリカの州/ご当地キャラ)等。

JAGAでは、お題も一人一人順番に考えていく形式にしていました。ゲームに慣れてきたらぜひやってみたい。

  

続いては、

「事件は何だ」

とある事件が起こり、1人だけどんな事件だったのか知らない。各自の事件に対する反応から、何が起こったのかを当てるゲーム。

 

 事件だ!

 

(準備)①誰か一人が回答者となり、後ろを向かせる。

②他の全員で頭を突き合わせ、お題となる事件(例えば「100万円拾ったら」)を決定する。次に、「事件が起こったらどうするか?」を各々メモに書いておく。

 

(ルール)1人ずつメモを発表していき、回答者は「どんな事件が起こったのか」を当てる。1~3回位の回答で当てなければならず、早く当てたほうが得点が高い。

 当たったら、良いヒントをくれた人を一人選び、その人は得点をもらえる。詳しくは本をご覧ください。

 

実戦。

さて、みなさんもご一緒に考えてみて下さい

 

事件が起こりました。

 

僕は/私は

 

1「とりあえずお腹いっぱい食べます」

2「水と食料確保します」

3「旅に出ます」

4「裸で暮らします」

5「誰かを探しに行きます」

 

さあ、どんな事件が起こったのでしょうか

 

アンサー&平日会10月18日の報告は後半へ続く。

大人が楽しい紙ペンゲーム30選

大人が楽しい紙ペンゲーム30選

 

 

ゆりおろぐ~ボードゲームの魔法©2016.gotoyuri
当サイトのイラスト及び写真は、全てgotoyuriオリジナルで作成/撮影したものです。無断転載不可です。
プライバシーポリシー ★当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Amazonアソシエイト・Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご参照下さい→http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/
★当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。